普段食べてるご飯の量くらいは知っておかないと痩せないぞ?

Uncategorized
この記事は約2分で読めます。

ダイエットはカロリー計算がメイン。

高カロリーのものを避けて低カロリーで栄養が豊富な食べ物を選ぶのが王道だ。

そこで、すごく役立つのが主食のカロリー計算。

主食の定番。皆大好きご飯の栄養とカロリーを見ていく。

白米のカロリーと栄養素

ご飯は茶碗、丼、皿の大きさ、盛り方や料理で量が大きく変わる。自分が普段食べる量を把握しておこう。

白米はほとんどが炭水化物(糖質)でタンパク質もそこそこ。脂質は少ない。人の主なエネルギー源は糖質なので、食事のメインになる。

他にも食物繊維やビタミンと摂るために野菜が必要。あらゆる臓器と筋肉のためにタンパク質を多く含む肉、魚などを摂る必要がある。

普通盛り150g

252kcal

タンパク質3.8g

脂質0.5g

炭水化物55.7g

食物繊維0.5g

ご飯小盛120g

202kcal

タンパク質3.0g

脂質0.4g

炭水化物44.5g

食物繊維0.4g

ご飯大盛り200g

336kcal

タンパク質5.0g

脂質0.6g

炭水化物74.2g

食物繊維0.6g

どんぶり飯300g

504kcal

タンパク質7.5g

脂質0.9g

炭水化物111.3g

食物繊維0.9g

1ヶ月で2kg痩せるカロリーとは?

年齢や筋肉量、活動量によって全然違うが、運動量が少なめの人の目安を記しておく。

  • 男性なら1日1500kcalで月2㎏痩せる
  • 女性なら1日1000kcalで月2kg痩せる

活動量が多ければその分多くカロリーを摂っても痩せるし、運動量が少なければその分痩せにくい。

筋肉が落ちにくい減量のペースや、栄養のバランスもあるが別記事で紹介する。

詳しく知りたければ、摂取カロリーをアプリで計算して、そこからTDEE(1日の消費カロリー)を引く。1㎏の脂肪を減らすのに7200kcalのマイナス収支にする必要があるので、1日あたり500kcalほどのマイナスにする。どちらも誤差や不安定要素が多いので、実践しながら調整する。

 

タイトルとURLをコピーしました